【釣行記】 2006.05.21 八郎潟

スポンサーリンク
レスポンシブTOP
Facebook SDK

ストレス発散徹夜釣行!このレポ書いたら寝ます (つ∀-)オヤスミー

昨夜行くべきか止めるべきか・・・ギリギリまで悩んだお忍び釣行敢行!

結局悩んでいるより即行動すっぺ、との判断で寝ないまま出発!

そう徹夜での移動釣行となった・・・。

釣行レポ

現地到着して釣り開始は3:15から。マジ変態としか言いようがないバカ。

夜明け前の小一時間、

とりあえず魚の反応を確かめる為、好みのポイントで半信半疑ながらもリグをキャスト。

※夜が明けてから撮影

060521-1
060521-1
060521-2
060521-2

強運と言おうか今回も一投目からヒット。

夜明け前だとラインにコウモリがよくアタックしてくる事があるので、

一瞬コウモリか( ̄□ ̄;)!!と疑ったが間違い無くアタリ。

しかもかなり沖でのバイトだったので魚が見えない始末o(・_・= ・_・)o キョロキョロ

思わず「どちらですか」と魚に問いかけてしまった。

そしたらカッコウ数羽が・・・返事をくれたよ。

カッコウ・カッコウΣ(゜∈゜*;)

肝心の魚はそこそこのサイズで無事ランディング。

060521-3
060521-3

沖で釣れたので通称「沖雅也」くん (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

※ピンボケは沖氏の悪戯か・・・^^;

薄暗い中でもっと美しい魚体を撮影したかったが、

今回は勘弁を・・・。

その後もバイト&ヒットが続く、

この魚を釣った頃は夜が明けてきた頃です。

060521-4
060521-4

夜明けまでテンポよく釣れました。

060521-5
060521-5
060521-6
060521-6

しかしこの時間釣れた数匹のパターンは、夜明けからまったく通用しなくなった^^;

ちゅーか当たり前だけど(^_^)b

早朝より天候が良く、

その後のパターンは個々の想像や読みに任せますけど、皆さんの予想通り要は影とか裏とかのセオリー通り。

反応は終始良かったがウエイトサイズ共に満足いく魚は今回残念ながら釣り上げられなかった。

これは次回への課題かな。でもガツガツはしませんよ。

名残惜しく帰り際にチェックしたパラ葦ポイント、

※画像はパラ葦ポイントのやや近く

060521-7
060521-7

マナーがなっとらん

しかし釣り人のマナーは一向に改善してないなと、

ゴミは依然として散乱している、明らかに流れ着いたゴミではない。

それと人が釣っているポイントにガツガツ割り込み・・・。

「オ・ア・シ・ス・ヨ」ぐらい覚えろ糞ガキども凸(゚Д゚#)

そんなゴミが散乱している場所でなんぞ、バスが安心して産卵できっこねーべ。

俺も人間だから当然完璧じゃーねーし落ち度もあるし善人ぶる気は全くないが、自分で自分の首締めてんのにいい加減気付けよな。

無限の資源なんて世の中に存在せんし、「徳」を積んでから出直して来い。

つぶやき

そうしたらもっと釣れると、おもうよ・・・。

スポンサーリンク
レスポンシブRIGHT
レスポンシブRIGHT

フォローする

この記事をお届けした
ZELOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ブログランキングに参加しています。 更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
通販でタックルを準備して週末は思う存分釣りを楽しもう!
通販でタックルを準備して週末は思う存分釣りを楽しもう!
テキスト広告amazon
テキスト広告楽天
テキスト広告ナチュラム
テキスト広告メガバス