【動画あり】 小沼正弥 昌栄 TOOLの ランディングフレームino+プラス(ネット付)を生解説

スポンサーリンク
レスポンシブTOP
Facebook SDK

個人的にランディングネット(フレーム)の買換えを現在検討中です。

そんな中、

今年の新商品昌栄TOOLの ランディングフレームino+プラスについて小沼正弥さんが解説する動画を紹介します。

tool-ino+1-680
tool-ino+1-680

YouTube2/8公開。

昌栄TOOLの ランディングフレームino+プラス(ネット付)を小沼正弥が生解説

昌栄TOOLの ランディングフレームino+プラス(ネット付)を小沼正弥が生解説。このinoプラ­スの特長は何といってもフレーム形状。テトラや磯ほか、簡単に魚をネットインすること­ができるような特殊なフレーム形状になっているのだ。

tool-ino+2-680
tool-ino+2-680
tool-ino+3-680
tool-ino+3-680

ランディングフレーム ino+(イーノプラス)

Landingは確実にきめる!独特の形状、その真意はテトラやゴロタ、小磯など、ランディングが困難な場面でこそ発揮されます。
従来の形状(平面)では、ネットの入水角度が浅くなるので水中に入りづらく、ランディングの際、魚を誘導しにくく、フック等が
絡む要因の一つにもなっていました。しかし、”Plus”の場合、フレーム先端をベンドさせることにより、フレームの入水角度が
確保できるので、テトラや小磯などのフレームが入りきらない状況でも、フレームの先端が水中に入り、格段に魚の誘導が
し易くなります。
ランディングがし難い状況下を解消できる、本当の意味で”救える”(掬える)唯一無二のランディングネットです。

tool-ino+7-680
tool-ino+7-680

つぶやき

案外アングラーが思っているよりもネットフレームってそんなに入水してない時があってネットインに手こずる場合がありますがこの形状ならその辺が改善されそう。

スポンサーリンク
レスポンシブRIGHT
レスポンシブRIGHT

フォローする

この記事をお届けした
ZELOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ブログランキングに参加しています。 更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
通販でタックルを準備して週末は思う存分釣りを楽しもう!
通販でタックルを準備して週末は思う存分釣りを楽しもう!
テキスト広告amazon
テキスト広告楽天
テキスト広告ナチュラム
テキスト広告メガバス