【釣行記】 2009.06.14 月光川 南防波堤

スポンサーリンク
レスポンシブTOP
Facebook SDK

丁度2:00頃一旦目が覚めたもので、

ちょっと様子を見に最寄りの月光川へと出向く。

釣行レポ

あそこは夕方から夜に掛けての数時間がベストタイムなんで、

約1時間弱キャストし続けるが案の定反応はなし。

そんな月光川に見切りを付けて、向かった先は南防波堤。

月光川に寄った分タイムロスがあった為、南防波堤に到着したが既に車だらけ。

って事は人だらけw

まっ怯んでいる暇はないので、

スロープ周辺で丁度もう一人立てるポイントがあったのでササッとそこに入る。

やや波気もあり凄い釣れそうな雰囲気。

早速3:30頃からキャスト開始、バイブで暫く粘るが反応なし…、

090614_1
090614_1

そしてシンキングミノー、2日前衝動買いしたAladdin 90S 65Cにチェンジ。

一投目「ゴンッ」とかなり強いアタリそしてフックアップ。

ロッドを立てるとかなりの重みを感じる。

どうやら外道のサゴシとは違う引き。

シーバスかーって自らもそして他のアングラー一同期待していると…、

エラ洗い…いや「ジャンプ」w

キラッと輝き長細い魚体が空中で踊る。

それを見た瞬間思わず「こっちかい」と呟いてしまった。

090614_2
090614_2

運良くテールフックにしっかりと掛かっていたが、

奴の歯は鋭いので万が一を想定し慎重にタモでランディング。

ランディング後タチウオの長さに驚き…何とメーターオーバーw

まっこんな事ぐらいで喜んでいられない訳で、

ド本命を狙う為色々と手は尽くす。

が、

俺がポイントに入ってから出るまでの間は他のアングラーには外道すら掛からなかった。

どうやら夜通しスロープを攻めていた先行者が数名居たらしく、

きっとそのポイントは休む暇がなかったのだろう。

しかしそれは日曜日の南防波堤のスロープですからいたしかたない事であり、

それでも釣る腕を早く身につけるしか無い。

つぶやき

精進あるのみだな

a46

スポンサーリンク
レスポンシブRIGHT
レスポンシブRIGHT

フォローする

この記事をお届けした
ZELOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ブログランキングに参加しています。 更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
通販でタックルを準備して週末は思う存分釣りを楽しもう!
通販でタックルを準備して週末は思う存分釣りを楽しもう!
テキスト広告amazon
テキスト広告楽天
テキスト広告ナチュラム
テキスト広告メガバス