【釣行記】 2009.05.16 南防波堤

スポンサーリンク
レスポンシブTOP
Facebook SDK

前日の状況からして、

かなりの人出が想定されたが未明にも関わらず既に凄い釣り人の数。

釣行レポ

そんな中gigaさんのサポートに感謝しつつ南曲がりを過ぎた辺りにてキャスト開始。

バイブ・ジグ・クルクルメインのリフト&フォールで攻める。

予想通り一投目からサゴシ祭りw

まずはニュータックルにやっと魂が入り一先ず安堵。

090516-1
090516-1
090516-2
090516-2
090516-3
090516-3

ヒット後ランディングでテトラ上まで抜くまたはタモ掛け訳するだが、

慣れない足場の悪いテトラ上での釣り故に様々なトラブルが襲う…、

ここでもgigaさんのサポートを頂きながら何とか問題を解決。

本当に感謝(テトラ上からのサゴシポッチャンはお互いに痛かったね…)。

俺はテトラ上からのサゴシポッチャン回避策として、

身体の胸・腕・股等の全身を使い魚を抱く戦法に切り替えた。

お陰でライジャケ・レインウェア・デニムがヌメリと鱗だらけになってしまったがサゴシポッチャンは激減。

確かに素人臭い取り込み方だが戦場と化した釣り場では形振りなど構ってはいられない。

ここまでのエントリーだと一見サゴシ狙いに的を絞っている様に感じると思うが、

タイトルの通り本命はシーバスである。

実は密かに俺、

テトラの足下に崩れテトラが入っており、終始そのアウトサイドを根掛かり覚悟で通していた。

(勿論崩れテトラに達する前にサゴシが釣れた場合は通せませんがw)

崩れテトラのアウトサイドリップにブランカPIW40gを一度当ててフォールしてリフトしようとした瞬間に遂に本命は出た。

090516-4
090516-4

本命のシーバス(フッコ)は50cmジャスト。

本当はランディング後直ぐにシーバスの写真を撮ろうと思ったのだが、

生憎手に付いたサゴシのヌメリが酷く携帯の操作を諦めた(ジグの画像で申し訳ない)。

因みに所有するジグは全て、バンドルのトレブルフックは外し上下アシストフックに付け替えて使用している。

なので圧倒的にトレブルフックとは掛かりが違うのは言うまでもない。

まんず睡眠もあまり取らないで、足場の悪い釣り場での激しいアクションの釣り、

体力的に長時間持たない為早々にストップフィッシング。

で、

まとめて本日の釣果。

090516-5
090516-5

ストリンガーが重くて重くて帰りは大変でした。

下から6本が俺の獲った魚達。一際シーバスが光って見えるw。

よーく見るとロッドのグリップ部が鱗だらけなのが分かるかと。

上残り4本がgigaさんの釣った魚達。

周りではイナダも釣れていたけど俺達には掛からんかった。

私的事情で来週の半ばから暫く釣りはできそうもない。

そんな状況下中締めとしての釣果にはなった気がする今回の釣行。

つぶやき

実に面白かった。満足。

スポンサーリンク
レスポンシブRIGHT
レスポンシブRIGHT

フォローする

この記事をお届けした
ZELOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ブログランキングに参加しています。 更新の励みになりますので応援よろしくお願いします。
通販でタックルを準備して週末は思う存分釣りを楽しもう!
通販でタックルを準備して週末は思う存分釣りを楽しもう!
テキスト広告amazon
テキスト広告楽天
テキスト広告ナチュラム
テキスト広告メガバス