【釣り動画】 大野ゆうき Megabass 「TRAVIS7実釣」in東京湾

スポンサーリンク
レスポンシブTOP
Facebook SDK

噂のMegabass TRAVIS7。

実際に開発に携わった大野ゆうきが実釣解説を行います。

oonotravis7-1-680
oonotravis7-1-680

YouTube10/1公開。

MEGABASS MOVIE #220 大野ゆうき「TRAVIS7実釣」in東京湾

YouTube7/27公開。

MEGABASS MOVIE #206 大野ゆうきが語る「TRAVIS7」

低水温期のアミパターンをはじめ、通常のミノーが沈黙しがちなタフな状況下、1年以上にも及ぶ大野ゆうきの徹底テストの成果をコンパクトにまとめ上げました。トラビスセブンは、通常のミノーのピッチに反応が鈍い時、その秘めたる爆釣のポテンシャルを発揮。
その秘密は「誘惑のゆらぎアクション」。
リトリーブスピードをスローからファーストにしていくとウォブリングアクションからバイブレーションに徐々に変化。刻々と変化するフィールドコンディションに合わせて、使い分けが可能です。
独自のフラップデザインと特殊なボディーバランスの相乗効果で、飛距離は58mを実現するとともに、1mから5m前後の幅広い泳層レンジをきっちりコントロールしながら幅広いプロダクティブゾーンを攻略。
ナチュラルな水平姿勢のまま、幻惑のゆらぎアクションでタフフィッシュに口を使わせます。巻きの釣りから湾奥のストラクチャーゲームにおける誘いの釣り、カレントを流す釣りまで、様々なタフなシチュエーションに対応します。

つぶやき

誘惑のゆらぎアクションか・・・。