荻野貴生 ノリーズオーシャン ラッピングミノーSWの使い方(オカッパリ編)

スポンサーリンク

こんにちは。こんばんは。ZELOGへようこそ!!

本日は荻野貴生さんによるノリーズオーシャン・ラッピングミノーSWオカッパリ編の動画をご紹介いたします。


YouTube3/9公開。

ノリーズオーシャン ラッピングミノーSWの使い方(オカッパリ編) 荻野貴生

ジグヘッド+発泡ボディ+プロップの新感覚クワセベイト“ラッピングミノー”に、ソルトモデルが追加!ノリーズプロスタッフの荻野プロが、1月9日、厳寒期の東京湾オカッパリゲームで、「ラッピングミノーSW」の使い方を解説します。

ジグヘッドワームよりもアピールし、テールスピンジグよりもナチュラルなルアー。ボリュームは小さく、ディスタンスが取れて、レンジコントロールが自在で、スレさせずに釣り続けられる物。そんな夢のようなルアーを具現化したのが「ラッピングミノーSW」。一見、通常のプラグにも見えるボディは、鉛のヘッドを持ったジグヘッド状のフレームに浮力体となる発泡プラスティックを組み合わせたコンポジットボディ。飛ばせて沈められる小粒ボディに、プロップによる微波動アピールとレンジコントロール性がプラスされ、ボディロールまでも発生。ハードルアーとしては極めて弱いアピール度でありながら、ベイトタックルでも扱える引き 感のある全く新しいタイプのハードルアーです。他のルアーではショートバイトが多発するような状況でも丸飲みバイトを誘発し、スレたスクールフィッシュでも連続ヒットを可能にします。元来、ファクトリーチーム石井真がバス用に開発したルアーですが、シーバスプロスタッフがソルトでの有効性も確認。そのナチュラルさゆえにシーバスはもちろん、あらゆるターゲットを魅了するパワーを秘めたアイテムです。

葉多埜恵介 ノリーズオーシャン ラッピングミノーSWの使い方(ボートシーバスゲーム編)
こんにちは。こんばんは。ZELOGへようこそ!! 本日は葉多埜恵介さんによるノリーズのノリーズオーシャン ラッピングミノーSW(プロッ...




つぶやき…

やっぱりこれでアソコを攻めたい。